第35回食と健康を考えるシンポジウム〜乳幼児のいのちを守る〜

第35回食と健康を考えるシンポジウム
〜乳幼児のいのちを守る〜
会場とオンライン(zoom)同時開催


第34回(2019年)を最後にコロナ禍で中断を余儀なくされていた「食と健康を考えるシンポジウム」の再開です。今回は“乳幼児のいのちを守る”を基本テーマに、食物アレルギーと離乳食の視点から、みなさんとともに学び合いたいと思います。



■講演10:00〜11:40
食物アレルギー 保育の実際に即して
眞鍋 穰先生 
阪南医療生協診療所・所長、大阪健康福祉短期大学・学長

<講演紹介文>
増える食物アレルギーに、保育現場では常に緊張のなかで食事提供をしています。
事故や誤食など万が一の対処など、食物アレルギーについてわかりやすくお話します。



■講演13:00〜14:30
離乳食 作る人と食べさせる人がともに学ぶ大切なこと
小野 友紀先生 
大妻女子大学短期大学部家政科・准教授、博士(生活科)

<講演紹介文>
子どもの育ちに大事な食事は離乳食から始まります。
乳幼児の発達に寄り添いながら、生命を守る離乳食の大事なポイントをお伝えします。



■シンポジウム 14:45〜16:30
乳幼児のいのちを守る
シンポジスト:眞鍋穰(講演々峪奸
小野友紀(講演講師)
島本一男(諏訪保育園園長)
熊澤美幸(よつば保育園管理栄養士)
コーディネーター:宍戸洲美
(食と健康を考えるシンポジウム実行委員長・帝京短期大学名誉教授)


・日時:2023年11月12日(日) 10:00〜16:30
・会場:浅草橋ヒューリックホール&カンファレンス
東京都台東区浅草橋1-22-16(JR総武線浅草橋駅徒歩3分)

ご入金後のキャンセルは、お一人様につき2,000円のキャンセル料がかかります。
なお、11月9日(木)以降のキャンセルおよびご欠席は、ご返金できなくなりますので、ご了承ください。
  • 10,000円(税909円)
会場で受講する
Zoomで受講する
受講方法をお選びください

受講方法をお選びください
会場で受講する
Zoomで受講する